ポスト安倍の夏

岸田文雄政調会長 支持拡大へ 必要なのは「情念」

 石破をターゲットにした戦略的な布石も打っている。今月22日、岸田が本部長を務める党経済成長戦略本部は、新型コロナ収束後の成長戦略に関する提言をまとめた。

 提言は、デジタル化を進めて地域分散型の「デジタル田園都市国家構想」の実現を掲げ、宏池会の会長を務めた元首相、大平正芳が地域間格差の是正の構想として提唱した「田園都市構想」を受け継いだ。これは石破の看板政策である「地方創生」に「あえてぶつけた」(岸田側近)という。

 岸田が得意とする「聞く力」を生かし、最近は他派閥の若手議員とも夜に会合を重ねている。17日には、都内のレストランで議員10人と会食。最近、岸田派の若手から「若手が発言できる場を作ってほしい」と意見されたことを気にしてか、「政調でやりたいことがあれば、どんどん言ってほしい」と声をかけた。

 岸田は「チーム力」で政策を着実に実現しようと努めるが、世論にはこうした党内の努力は見えづらい。安倍は19日午後、官邸で根本と面会した際、こうアドバイスした。

 「情念が大事だよね」

=敬称略

(長嶋雅子)

■【ポスト安倍の夏】石破茂元幹事長 「ロック外し」で変化 国会議員への支持拡大図る

■【ポスト安倍の夏】菅義偉官房長官 頂点かキングメーカーか カギは首相との連携

■【ポスト安倍の夏】河野太郎防衛相 「常識欠ける」も変化の兆し イージス停止で謝罪行脚

■【ポスト安倍の夏】西村康稔経済再生担当相 コロナ対策の「顔」急浮上

会員限定記事会員サービス詳細