現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

塚本元委員長と日本の安全保障 杏林大学名誉教授・田久保忠衛

外交評論家・杏林大学名誉教授の田久保忠衛氏
外交評論家・杏林大学名誉教授の田久保忠衛氏

≪旧民社党の果たした役割≫

旧民社党にいた8人の委員長で最後まで存命した、塚本三郎氏が亡くなられた。個人として寂しいし、解党後も不思議な存在感を残していたこの党にも新しい時代が到来したのであろうか。

死児の齢(よわい)を数えるようなものだが、民社党の果たした功績は二つあった。一つは戦後の日本社会に不気味な影響力をいまだに残しているマルクス主義に痛打を浴びせ続けてきたことだ。その役を担ったのは政治家よりも、党に賛同した知識人、とりわけ戦前自由主義思想家で東京帝国大学教授だった河合栄治郎門下生であった。

ランキング

  1. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 サッカーW杯に水を差すつもりはないが…

  2. 【阿比留瑠比の極言御免】北の発射台表彰と反撃能力

  3. 【宮家邦彦のWorld Watch】戦いの悲劇…バルカンの地政学

  4. 【杉田水脈のなでしこリポート(1)】NYの国連関連イベントで「慰安婦は性奴隷ではない」と訴えたところ…

  5. 【産経抄】12月1日

  6. 【緯度経度】香港を震撼させた「国歌」演奏 藤本欣也

  7. 【正論】共和党主導の下院がもたらすもの 福井県立大学教授・島田洋一

  8. 【主張】原発の運転延長案 国家の計が弱腰では困る

  9. 【主張】被害者救済法案 与野党で早期成立を図れ

  10. 【北京春秋】大学生に流行る「集団四つんばい」

会員限定記事