太宰治の孫、石原燃さんら初ノミネート 芥川賞・直木賞の候補作決まる 

石原燃さん((c)篠田英美)、岡本学さん、高山羽根子さん、遠野遥さん、三木三奈さん
石原燃さん((c)篠田英美)、岡本学さん、高山羽根子さん、遠野遥さん、三木三奈さん

第163回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が16日付で発表された。芥川賞候補は5作で、作家の津島佑子さんの長女で太宰治の孫にあたる劇作家、石原燃(ねん)(本名・津島香以)さん(48)が初ノミネート。直木賞候補には7度目となる馳星周さん(55)らの5作が入った。選考会は7月15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。

【芥川賞】石原燃「赤い砂を蹴る」(文学界6月号)▽岡本学「アウア・エイジ(Our Age)」(群像2月号)▽高山羽根子「首里の馬」(新潮3月号)▽遠野遥(はるか)「破局」(文芸夏季号)▽三木三奈「アキちゃん」(文学界5月号)

【直木賞】伊吹有喜「雲を紡ぐ」(文芸春秋)▽今村翔吾「じんかん」(講談社)▽澤田瞳子(とうこ)「能楽ものがたり 稚児桜(ちござくら)」(淡交社)▽遠田(とおだ)潤子「銀花の蔵」(新潮社)▽馳星周「少年と犬」(文芸春秋)