IOCバッハ会長、東京五輪「簡素化で大きな進展」

 国際オリンピック委員会(IOC)は10日、オンライン形式の理事会を開き、1年延期となった東京五輪をめぐり運営の簡素化を進める方針で一致した。理事会後にバッハ会長が記者会見し「前回の理事会以降、特にコスト削減をもたらす大会の簡素化で大きな進展が見られた」と評価した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細