ひき逃げ容疑で大阪・茨木市立中教員を逮捕

 バイクの男性をひき逃げしたとして、大阪府警淀川署は9日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同府茨木市立中学校教員、中島弘起容疑者(46)=大阪市淀川区十三東=を逮捕した。同署によると「当時は事故を起こした認識がないので、逃げたのではありません」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は9日午前7時ごろ、大阪市淀川区西中島の新御堂筋(国道423号)で乗用車を運転中、車線変更した際に左側を走行していたバイクと接触。運転していた同市都島区の警備員の男性(78)に右あばら骨を折るなどのけがを負わせ、そのまま逃げたとしている。

 茨木市教委によると、中島容疑者は通勤途中だった。同署によると、事故から約40分後に自ら「走行中にガチャンと音がした。後部に積んだ自転車が落ちたと思った」と110番していた。

会員限定記事会員サービス詳細