湖国の鉄道さんぽ

地下鉄→登山電車→路面電車 京阪京津線は3つの顔

【湖国の鉄道さんぽ】地下鉄→登山電車→路面電車 京阪京津線は3つの顔
【湖国の鉄道さんぽ】地下鉄→登山電車→路面電車 京阪京津線は3つの顔
その他の写真を見る (1/4枚)

 大津市のびわ湖浜大津駅と京都市の御陵(みささぎ)駅を結ぶ京阪電気鉄道の京津(けいしん)線は、わずか7・5キロの路線でありながら、「3つの顔」を持つ。御陵は地下駅から出発。滋賀に入ると急勾配、急カーブを通って逢坂山を越え、最後は路面電車となってびわ湖浜大津に到着する。変化に富んだ車窓や乗り心地は、鉄道ファンならずともワクワクする。

 京津線はかつて浜大津から京津三条までの路線だった。平成9年に京都市営地下鉄東西線が開通すると、地上で蹴上(けあげ)や九条山を通った御陵以西は廃止となり、接続駅の御陵から地下鉄に乗り入れるようになった。

 太秦天神川から地下鉄を進んできたびわ湖浜大津行き、4両編成の800系電車は御陵を出発してまもなくすると地上に出る。県境を越えて大津市に入り、国道1号と並走しながら、山あいに進んでいくと、上り坂の途中に大谷駅がある。

 この駅には珍しいものがある。それは脚の長さが左右で約7センチ違うベンチだ。目の錯覚ではない。駅が40パーミル(水平に千メートル進む間に40メートルの高低差が発生)の勾配上にあり、ホームに傾斜があるためで、この工夫で水平に座ることができる。軌道法ではホームの勾配は10パーミルまでと定められているが、特別に許可を受けた。実際にホームに降り立つと、傾斜が実感できる。

 ここから京阪最大の難所、逢坂越えに挑む、逢坂山トンネル(250メートル)の出口には半径45メートルの急カーブが待ち構える。電車はゆっくりと、まるで直角に曲がるように進む。まさに、その雰囲気は登山電車だ。

会員限定記事会員サービス詳細