【動画】ふるさと富士・岩木山 津軽の心を支える「お山参詣」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

動画

ふるさと富士・岩木山 津軽の心を支える「お山参詣」

残雪の岩木山を映す水田。JR五能線の車両がゆっくりと走り過ぎていく=青森県板柳町
残雪の岩木山を映す水田。JR五能線の車両がゆっくりと走り過ぎていく=青森県板柳町

 青森県の最高峰で津軽平野に裾野を広げる岩木山(標高1625メートル)は、その山容から「津軽富士」として親しまれている。

 太宰治は小説「津軽」で「富士山よりもっと女らしく、十二単衣(ひとえ)の裾を、銀杏(いちょう)の葉をさかさに立てたようにぱらりとひらいて左右の均斉(きんせい)も正しく、静かに青空に浮かんでいる」と岩木山を表現している。

 5月末、岩木山を間近に見ながら田植え機を動かしていた鶴田町の須郷耕助さん(67)は、「雨が降る前は山が大きく見えるんだ。湿気のせいかな」と話す。「今年は水が豊富で、いい稲が育つ」と岩木山を振り返りながら田植えに精を出す。一方、妻の紀子さん(50)は「生まれ育った弘前からの姿が一番好き」と話す。津軽の人は、自分が生まれ育った土地から見る姿が一番だと譲らない。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、青森のねぶた、弘前のねぷたなど祭りや催しが次々と中止になった。

 津軽の人にとって信仰の対象である岩木山。秋の津軽の最大の祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されている「お山参詣」は、麓の岩木山神社から登り、参拝する。その頃にはコロナ禍も収まっていてほしい。それが津軽の人々の願いであることは間違いない。(写真報道局 酒巻俊介)

 掲載写真を実費でお分けします。産経ビジュアル03・3275・8775(平日の午前11時~午後6時)。