河野防衛相は中国主席の国賓来日に慎重 「議論で発言していく」

 河野太郎防衛相は5日の記者会見で、中国が軍事的挑発を強める中での習近平国家主席の国賓来日について慎重な考えを示した。「隣の国なので対話は非常に重要」と語る一方、国防費の増大、領空侵犯の恐れがある航空機飛行、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海侵入など中国の動向に言及し「安全保障に責任を持つ防衛大臣として政府内の議論ではしっかり発言していきたい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細