巨人の坂本と大城コロナ陽性 NPBは「開幕影響なし」

巨人の坂本と大城コロナ陽性 NPBは「開幕影響なし」
巨人の坂本と大城コロナ陽性 NPBは「開幕影響なし」
その他の写真を見る (1/2枚)

 プロ野球巨人は3日、主力の坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)の2人から、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たと発表した。2人は東京都内の医療機関に入院し、陰性が確認されればチームに合流する。セ、パ両リーグは約3カ月遅れとなる今月19日の開幕に向けて、2日に練習試合を再開したばかり。日本野球機構(NPB)は開幕について「影響はない」との見解を示した。

 発表によると、球団は抗体検査を希望した選手ら218人の採血を5月29~31日に実施。選手とスタッフ計4人から、ウイルス感染後に回復したことを示す抗体が確認された。

 東京ドームで西武との練習試合が行われた後の2日夕に4人のPCR検査を行い、3日午前に坂本、大城両選手の陽性が判明したという。巨人は3日午後の西武との練習試合を中止。原辰徳監督や1軍の全選手、コーチらのPCR検査を4日午前に行う。

 坂本は2016年に首位打者のタイトルを獲得するなど球界を代表する右の強打者。プロ14年目の今季は、残り116本に迫った通算2千安打の達成が確実視されていた。

会員限定記事会員サービス詳細