警察庁が補正案20億円計上 コロナ専用護送車を配備へ

 警察庁は27日、令和2年度第2次補正予算案に新型コロナウイルス感染症対策として関連予算計20億1500万円を計上した。警視庁渋谷署の留置場で勾留していた7人が感染したことなどから、感染が疑われる容疑者専用の護送車両など留置管理業務に約16億円を当てた。

 護送車両は全国に約170台を配備。乗車する容疑者は1人で、運転席とはアクリル板で隔てる。留置施設も一部を改修し、仕切りや、小型シャワーがある体調不良者専用の部屋を設ける費用を盛り込んだ。

 他に、感染者の遺体を扱う可能性がある検視官らの防護服やマスク、感染対策の施された遺体収納袋を新規に購入する。災害救助活動に備え、専用の防護服やゴーグルなどもそろえる。

会員限定記事会員サービス詳細