【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】変則日程必至の今季、開幕ダッシュに問われる知力と戦力(1/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

変則日程必至の今季、開幕ダッシュに問われる知力と戦力

今年2月の練習試合で選手交代を告げる阪神・矢野燿大監督。異例のシーズンは知力、戦力が問われる(撮影・水島啓輔)
今年2月の練習試合で選手交代を告げる阪神・矢野燿大監督。異例のシーズンは知力、戦力が問われる(撮影・水島啓輔)

 全てが異常日程&異常ルールの中で、阪神は試練を乗り越える「知力と戦力」が試されます。新型コロナウイルスの感染拡大でシーズン開幕を延期していたプロ野球は東京都など5都道県の緊急事態宣言が解除されるのを待って、25日にも6月19日開幕を正式発表します。しかし、移動時の感染リスクを防ぐため、開幕直後はセ・リーグは関東地区、パ・リーグは西日本地区に6球団を集結させて試合を行い、夏場には試練の9連戦を組む方向です。さらに、疲労が新型コロナウイルスの感染を招く…という危惧からベンチ入り枠を昨季までの25人から30人前後に拡大する案も急浮上しています。「2020年特別ルール」に備えて、虎は牙をむかなければなりません。

5都道県の宣言解除で…

 新型コロナウイルスの感染者数は累計で世界では500万人を超え、死者数は33万人を上回りました。現在はブラジルやペルーなど南米大陸で感染は急拡大しています。日本国内は感染者数は1万6506人、死者は814人(横浜クルーズ船を除く=全ての数字は22日時点)と、世界に比べると感染者数も死者数も比較的少ないですが、それでも多くの尊い命が失われたことには変わりはありませんね。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様方にお悔やみ申し上げます。

 この恐ろしい感染症は日本のスポーツの世界にも大きな影響を及ぼしました。高校野球の甲子園大会はセンバツに続き、夏の全国大会も中止となりました。すでに高校総体も中止になっていて、今年が高校最終年となる3年生の選手やその家族の方々の気持ちを考えると、言葉もありません。