安倍首相、1都4道県は「25日に判断」

 安倍晋三首相は21日夕、新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続される東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県と北海道については「新規の感染者は確実に減少し、医療のひっ迫状況も改善傾向にある。週明け早々、25日にも専門家に状況を評価していただき、今の状況が継続されれば解除も可能になる」との見通しを示した。首相官邸で記者団の取材に応じた。

会員限定記事会員サービス詳細