母親の遺体を放置した疑い 山梨、55歳男を逮捕

 母親の遺体を自宅に放置したとして、山梨県警南甲府署は20日、死体遺棄の疑いで、甲府市大里町、無職荒井達彦容疑者(55)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 署によると、20日午後6時40分ごろ、「母親の様子がおかしい」と自ら119番。消防からの通報で駆け付けた南甲府署員が遺体を発見した。目立った外傷はないが腐敗が始まっており、同署が死因や経緯を調べる。

 逮捕容疑は20日午後9時15分ごろ、母親の嘉美さん(80)の遺体を自宅に放置した疑い。