ルワンダ虐殺の容疑者逮捕 仏に潜伏、26年経て裁判へ

 フランス捜査当局は16日、1994年に起きたアフリカのルワンダ大虐殺の責任者を裁く国際法廷に訴追され、指名手配されていたルワンダ出身の実業家フェリシアン・カブガ容疑者(84)を潜伏先のパリ郊外で逮捕した。虐殺を行った民兵組織に資金を供給したとされる重要容疑者として世界の当局が長年行方を追っていた。

 国際法廷のブラメルツ主任検察官は逮捕について声明を発表し「犯罪から26年たっても大虐殺の責任者は裁かれることを(国際社会に)改めて示した」と歓迎した。移送手続きを経た後、オランダ・ハーグの法廷で裁判が開かれる見通し。

 フランスのメディアによると、カブガ容疑者は偽名を使ってパリ郊外で暮らしていた。

 ルワンダ大虐殺は多数派フツ人のハビャリマナ大統領を乗せた航空機が94年に撃墜されたのをきっかけに発生。フツ人主体の政府軍や民兵が、少数派ツチ人や穏健派フツ人約80万人を殺害した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細