生誕100年 コロナ禍で揺れる現代社会を射る「梅棹忠夫の目」

生誕100年 コロナ禍で揺れる現代社会を射る「梅棹忠夫の目」
生誕100年 コロナ禍で揺れる現代社会を射る「梅棹忠夫の目」
その他の写真を見る (1/5枚)

 世界の文明史を独自の観点で解き明かした文化人類学者、梅棹(うめさお)忠夫(1920~2010年)の生誕から6月13日で100年、7月3日には没後10年を迎える。人類史を大づかみした「文明の生態史観」で分野を超えた洞察を示し、国立民族学博物館の構想を描いて初代館長を務めた。情報の本質を突いた「知的生産の技術」はインターネットの時代にも増刷を重ねる。グローバル化が進み、大量の情報が行き交う時代。時を超える「梅棹の目」は、コロナ禍で揺れる現代社会にも有効な視点を与えそうだ。(坂本英彰)

東洋・西洋の枠組み超えて

 「あらゆる議論をし、議論を楽しんだ。ビール飲み放題で。梅棹さんにコテンパンにやられ、論理構築の難しさも思い知りました」

 国立民族学博物館の松原正毅(まさたけ)名誉教授(78)は昭和30年代後半の、京都・梅棹宅での定期会合を懐かしむ。梅棹はこの「金曜サロン」で地球といわず宇宙といわずさまざまな話題を取り上げて語り、多くの研究者を育てた。梅棹が36歳の時に総合雑誌に発表した論考「文明の生態史観序説」は高い視点に立つ梅棹らしい、またその名を世に知らしめた出世作である。

 〈ここでわたしは、問題の旧世界を、バッサリ二つの地域にわけよう。それぞれを、第一地域、第二地域と名づけよう〉

 「生態史観」で梅棹は、ユーラシア世界(旧世界)を横長の長円に例える。

会員限定記事会員サービス詳細