浪速風

Jリーグのある生活を待ち望んでいる

平成5年5月15日に開幕したJリーグ。再開が待ち遠しい
平成5年5月15日に開幕したJリーグ。再開が待ち遠しい

平成5年5月15日、日本初のプロサッカーリーグ、Jリーグが開幕した。ヴェルディ川崎と横浜マリノスの開幕戦の舞台は旧国立競技場。約6万人の観客が詰めかける中、川淵三郎チェアマン(当時)が「スポーツを愛する多くのファンの皆さまに支えられまして、Jリーグは今日ここに、大きな夢の実現に向かってその第一歩を踏み出します」と開会宣言した

▶それから27年。誰がこんな状況を予想できただろう。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、J1からJ3まで56あるクラブはほとんどが全体での練習を中止しており、試合再開のめども立っていない

▶とはいえ、お隣の韓国では一足早くリーグが開幕。欧州でもドイツが16日に再開し、他のリーグも正常化の動きが加速している。なぜ試合ができるのか。感染が再び広がる恐れはないのか。予防策はどうか。検証し、参考にすべきだ。日本のファンも、Jリーグのある生活が戻ってくる日を待ち望んでいる。