政府対応「評価せず」57% 感染拡大で生活に不安84% 共同通信調査

 共同通信社が8~10日に実施した全国電話世論調査によると、新型コロナウイルスへの政府対応を「評価しない」との回答が57・5%になった。「評価する」は34・1%。緊急事態宣言の延長に伴う休業要請や外出自粛の長期化に対する不満を反映したとみられる。感染拡大で生活に「不安を感じている」「ある程度不安を感じている」が計84・4%に達した。

 安倍晋三内閣の支持率は41・7%。40・4%の前回4月調査とほぼ横ばいだった。不支持率は43・0%で支持を上回った。

 既に実施が決まった1人当たり一律10万円の給付に加えて、緊急事態宣言の延長に伴ってさらに現金を支給する是非を尋ねると「さらに支給すべきだ」が60・8%で「必要はない」は33・4%にとどまった。

会員限定記事会員サービス詳細