シャンソン歌手の高木椋太氏さん、新型コロナで死去

 シャンソン歌手の高木 椋太(たかぎ・りょうた、本名・安永達史=やすなが・たつし)さんが2日、新型コロナウイルスによる肺炎のため死去した。58歳だった。後日、お別れの会を開く。喪主は弟、正史(まさし)さん。

 高木さんは4月1日に発熱。6日に入院し、7日に陽性が判明したという。

会員限定記事会員サービス詳細