浪速風

大型連休は読書ウイークに

大阪体育大学客員教授の高橋明さんから、監修された本をいただいた。『わかる!応援できる! パラスポーツ事典 パラリンピック夏の22競技』(メイツUC)。題名通り、開催が1年延期となった東京パラリンピックで実施される競技の魅力を、イラストや写真を使って解説したガイドブックだ

▶新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下で迎えたゴールデンウイーク。障害者のスポーツの地位向上や普及に長年携わってきた高橋さんは「外出自粛で家にいる子供たちが読んでくれたら…。この機会に、パラスポーツのことをもっと知ってもらいたい」という

▶本の中で、高橋さんはこんな話をしている。「パラリンピアンの能力(Ability)に目を向け、人間の努力は無限の可能性を秘めているところに感動してほしい」。家で過ごすことが求められている大型連休を、書物から新たな知識を得る期間にしたらどうか。読書はきっと心を豊かにする。