神奈川県もパチンコ店1店に休業指示 「感染防止配慮なし」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

神奈川県もパチンコ店1店に休業指示 「感染防止配慮なし」

神奈川県庁本庁舎
神奈川県庁本庁舎

 神奈川県は1日、新型コロナウイルス特措法45条3項に基づき、休業要請に応じないパチンコ店1店舗に休業を指示した。同項に基づく指示は兵庫県に続き、全国で2例目。黒岩祐治知事は記者会見で「店内は密集して換気が良くなく、感染防止の配慮もない」と説明した。

 対象となったのは横浜市保土ケ谷区の店舗。店側は「経営が苦しく、営業をやめれば収入がなくなる」として営業続行の意向を示しているという。黒岩氏は「どこも同じ思いで必死にこらえていることを理解してほしい」と強調した。

 神奈川県は4月28日、休業要請に応じないパチンコ店6店の名称を公表。今回指示の対象となった店舗以外の店舗は5月1日夕までに要請に応じると表明していた。