直木賞作家の中村正軌氏死去

中村正軌氏(なかむら・まさのり=作家) 3月1日、老衰のため死去、92歳。中国・旧満州生まれ。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、百合子(ゆりこ)さん。

日本航空に勤務し、旧西ドイツに赴任した70年代の体験を基にした国際謀略小説「元首の謀叛(ぼうはん)」でデビュー、昭和56年に同作で直木賞を受賞した。そのほかの著書に「貧者の核爆弾」「アリスの消えた日」などがある。