自民・文科相経験者が「9月入学」協議 新型コロナ - 産経ニュース

メインコンテンツ

自民・文科相経験者が「9月入学」協議 新型コロナ

 自民党は29日、文部科学部会と教育再生実行本部の合同役員会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置の長期化に備え、「9月入学・新学期」への制度移行について、実現可能性や教育現場への支援のあり方を協議する方針を確認した。5月1日に文科省からヒアリングを行う。

 会合には、文部科学相経験者らが出席した。河村建夫元文科相は、4月1日から新年度が始まる会計年度との調整などの課題を指摘しつつ、「国民的機運も盛り上がり、同調者も増えてきている。やるならこのときに決めるしかない」と前向きな姿勢を示した。

 下村博文元文科相は「新型コロナの収束時期とも関係するが、シミュレーションとして考えることは当然必要だ」と強調した。

 松野博一元文科相も「現実的にこの9月から対応できるのか、検証しながら議論を進めないとかえって現場の混乱を招く」と語った。