関電、橋下氏の社外取締役案を拒否 松井市長「上っ面」

役員人事について説明する関西電力の森本孝社長=28日午後、大阪市北区(岡本祐大撮影)
役員人事について説明する関西電力の森本孝社長=28日午後、大阪市北区(岡本祐大撮影)

 関西電力は28日、6月の株主総会で選任する社外取締役に、筆頭株主の大阪市が要請した元市長の橋下徹氏を入れる案を拒否したと発表した。記者会見した森本孝社長は「特定の大株主(大阪市)と関係が深い」と理由を説明した。関電は社外取締役を8人へと大幅に増やし、批判される「内向き文化」からの脱却を目指すが、同日、大阪市の松井一郎市長は関電の改革姿勢を「上っ面」と激しく批判した。

 森本氏は橋下氏について、過去に日本維新の会などの代表を務め、現在も政治に関して意見を発信していることから、「公益性が高い当社の取締役に就任することは適切ではない」と指摘した。一方、「役員研修の講師を依頼するなど意見を聞く機会を持ちたい」とも話した。

 ただ、関電と橋下氏には激しく対立した過去がある。橋下氏は大阪市長時代、東日本大震災後の関電による電気料金の値上げを批判し、経営陣の退陣を要求した。関電は否定するが、こうしたしこりが、拒否の背景にあるのではとの見方もある。

会員限定記事会員サービス詳細