AYA世代の日々 がんとともに生きる

(12)働く患者の存在、知ってほしい

金沢雄太さん(寺河内美奈撮影)
金沢雄太さん(寺河内美奈撮影)

 15~39歳頃までの思春期と若年成人(Adolescent and YoungAdult)を指すAYA世代。この世代のがん患者には進学、就職、結婚など中高年とは違った課題が存在する。32歳で虫垂がんと診断された会社員の金沢雄太さん(37)。2回の転移を経験しながらも仕事を継続できたのは、周囲の理解と柔軟な対応だったという。(油原聡子)

 虫垂がんと診断されたのは、平成26年11月でした。8月ごろからおなかがジクジク痛むことがあり、11月になって立ち上がれないほどになった。日曜だったので翌日からの仕事に支障が出ないように、自宅近くの大学病院の救急外来を受診しました。薬をもらって帰るつもりだったのに、医師からは「盲腸が炎症を起こしている」。即日入院になりました。

 重度の腸閉塞(ちょうへいそく)も併発していたのですが、その治療を考えているときに、虫垂がんが判明しました。がんという言葉が持つ重みにショックも受けましたし、人生が暗い穴の底に落ちていくような気分になりました。

 上司にすぐに電話で報告すると、「まずはちゃんと治せ。そして戻ってこい。席は空けておくから」と言ってくれました。友人の父親ががんになり、退職せざるを得なくなったケースを聞いていたので、上司の言葉に安心できました。

復職へ話し合い

 虫垂がんの手術後は腸閉塞の治療を続け、翌年の1月下旬に退院しました。入院生活で体重は17キロほど減りました。1月に次女が生まれたばかりだったので、自宅療養中は子供の世話をしながら、徐々に体力を戻していきました。

 3月に復職したとき、上司から働き方の希望を聞かれました。今の体力や、フルタイムでの勤務は難しいことなどを伝え、当面はコアタイムである午前11時から午後4時に働くことになりました。立場も変わりました。診断前は課長級で部下もいたのですが、「人の面倒を見る余裕はないな」と考えて、一般社員として働くことを選びました。