ひなちゃんパパの家族レシピ

アジの中華風カルパッチョ

アジの中華風カルパッチョ
アジの中華風カルパッチョ

目が澄んだ、いかにも新鮮そうなアジを手に入れたので、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生に以前、教えてもらった三枚おろしを復習しました。

頭、内臓を取り除き、おなかの中をしっかりと水で洗って中骨に沿うように包丁を動かして背側の身、向きを変えて腹側の身を切り離しました。包丁を寝かせるようにして腹骨をそぎ取り、小骨は骨抜きでつまんで抜きます。頭の方へ引っ張って抜くのがコツです。

「ごちそう感のある中華風のカルパッチョにするのはいかが? アジをおろした後は、白髪ネギを作りましょう」という江上先生に、ひなちゃんはけげんそうな顔です。

長ネギに、縦に1本切り目を入れて中の芯を取り、白い部分を縦にできる限り細く切ります。水にさらして水気を切ると、ひなちゃんも「ホント、白髪みたいですぅ」と納得しました。

薄く切ったアジを器に並べ、サラダホウレンソウを山のように盛りました。その他にもベビーリーフや水菜、カイワレでもいいそうです。白髪ネギと、オーブントースターで焼いたワンタンの皮をのせて食卓へ。特製の中華風ドレッシングをかけ、全体を混ぜれば食欲をそそるゴマ油の香りが広がります。

ママは「おいしい! ねっとりとしたアジにパリッとしたワンタンの皮と、シャキッとしたネギが合わさって食感が楽しいわ」。ひなちゃんも、うなずきながらにっこり。小骨を1本1本丁寧に抜いた苦労が報われました。

≪材料・3人分≫

アジ…2尾

長ネギ(白い部分)…約5センチ

ワンタンの皮…2枚

サラダホウレンソウ…15グラム

塩、しょうゆ、酢、砂糖、ゴマ油

≪作り方≫

〔1〕アジは三枚におろして腹骨を取り除き、小骨を丁寧に抜いて皮を頭側から剥ぐ。塩少量をふり、しばらくおく。

〔2〕長ネギは白髪ネギにし、水にさらして水気を切る。

〔3〕ワンタンの皮は5ミリ幅に切り、オーブントースターで香ばしい焼き色をつける。

〔4〕しょうゆ、酢、ゴマ油各大さじ1、砂糖小さじ1を混ぜる。

〔5〕(1)の水気を拭き取り、薄くそぎ切りにする。器に広げて並べ、サラダホウレンソウを盛って(2)をのせ、(3)を散らす。(4)のドレッシングをかけ、全体を混ぜてからいただく。