ウェブ会議の背景、提供続々 「信長の野望」、ジブリも

 武将の気分で在宅勤務-。新型コロナウイルスの感染予防でテレワークが広まる中、ウェブ会議の背景に使うための画像を無償提供する企業が増えている。歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」のコーエーテクモゲームス(横浜市)は、城の内部や戦の陣中にいる気分を味わえる画像を用意。スタジオジブリも「風の谷のナウシカ」などアニメ映画の画像を提供、「少しでも喜んでもらえたら」としている。

 自宅で自分の顔をカメラで映してウェブ会議に参加すると、部屋の様子が映り込んでしまう。このため、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」などでは、あらかじめ用意した画像を背景にして、自分だけが映るように設定できる。

 香川県の高松琴平電気鉄道が公開したのは、同社の人気キャラクターのイルカや「ことでん」のロゴをあしらったバックパネルの模様。自分が映り込むと記者会見をしている雰囲気になる仕掛けだ。

 サッカーJリーグやプロ野球のチームなども相次いで壁紙を提供している。

会員限定記事会員サービス詳細