故意に感染拡大なら報い 米大統領、中国を批判 - 産経ニュース

メインコンテンツ

故意に感染拡大なら報い 米大統領、中国を批判

 トランプ米大統領は18日の記者会見で、中国から始まった新型コロナウイルス感染拡大について「故意だったとしたら報いを受けるべきだ」と述べた。中国が初動対応で情報を隠蔽していた可能性を念頭にした発言とみられる。意図的と判断した場合、どのような措置を取るかは明らかにしなかった。

 トランプ氏は「この件を引き起こすまで中国との関係は良かった」と指摘し、中国の新型コロナ対応に不満を表明。米国がどう対処するかについて、中国の対応が「ミスにより収拾がつかなくなってしまったのか、意図的だったのかによる。二つには大きな違いがある」と強調した。

 その上で、中国は米国の専門家による調査を早期に受け入れるべきだったと非難。「たぶん彼らはまずいことが起きていると知りつつ(公表するのが)恥ずかしかったのだろう」と指摘した。(共同)