【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】コロナ明けの過密日程、阪神が主張すべきは外国人の1軍枠撤廃(1/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

コロナ明けの過密日程、阪神が主張すべきは外国人の1軍枠撤廃

打撃練習をするジャスティン・ボーア。外国人8人制が奏功するかも=甲子園球場(撮影・甘利慈)
打撃練習をするジャスティン・ボーア。外国人8人制が奏功するかも=甲子園球場(撮影・甘利慈)

 外国人8人体制が思わぬ形で功を奏する!? 新型コロナウイルスの感染拡大で、安倍晋三首相は7都府県を対象に出していた緊急事態宣言の範囲を全国に拡大しました。異常事態に包まれる中、開幕日を遅らせ今後の対応を練る日本野球機構(NPB)と12球団の経営者は17日に、オンラインによる会議を開催。「コロナ特例」の扱いや、フリーエージェント(FA)権取得期間(現在は1シーズン=145日で計算)の短縮、トレード期限(現行7月31日まで)の延長-などが話し合われました。現時点で新たな開幕日を6月19日と見定め、シーズン100試合を想定してさまざまな課題に取り組もうとしている球界の激動…。一連の流れの中で、なぜ虎の外国人8人体制を注目するのか-。舞台裏を書きましょう。

陰性なら再登録可

 ついに新型コロナウイルスの感染者が国内で1万人を超えました。これは16日夜の段階で発表されたデータですが、国内での感染者は9276人。クルーズ船の乗船者712人、チャーター機帰国者14人を含めると1万2人(死者204人)となり、感染拡大の勢いは収まっていません。安倍首相は7都府県を対象に発令した緊急事態宣言を全国に拡大し、新型コロナを押さえ込もうとしていますが、まだまだ先の見えない戦いが続いています。

 日本プロ野球界もシーズン開幕(当初は3月20日)を延期。新型コロナの感染状況を見ながら、今度の対応策を模索しています。この間、3月27日には阪神の藤浪、伊藤隼、長坂の3選手の新型コロナへの感染が判明(すでにPCR検査で陰性が出て退院)。球界OBでも近鉄、日本ハムなどで監督を歴任した梨田氏や前阪神ヘッドコーチの片岡氏の感染が判明するなど、球界にも新型コロナの恐怖が現実的に見え始めています。