夜間の酒提供自粛を要請 千葉県、18日から飲食店に

 千葉県は17日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく感染拡大防止措置として、レストランや居酒屋など飲食店での酒類提供を午後7時以降の夜間は控えるように要請すると発表した。期間は18日から5月6日まで。

 千葉県と隣接する東京都はすでに同様の要請を出しており、足並みをそろえた。

 森田健作知事は記者団に「(県内では)多人数の酒類を伴う会食でクラスター(感染者集団)も発生した。拡大させないために今やらなければならない」と説明した。