共産・志位氏、憲法審幹事懇呼びかけに「言語道断」

共産党の志位和夫委員長
共産党の志位和夫委員長

 共産党の志位和夫委員長は16日の記者会見で、自民党側が衆院憲法審査会の幹事懇談会の開催を呼びかけたことに関し「言語道断だ。新型コロナウイルスの問題を利用し、火事場泥棒的に憲法の問題をやってしまおうというのは絶対に認められない」と批判した。主要野党は開催に応じなかった。

 志位氏は「いかに医療崩壊、感染爆発を防ぐかに全エネルギーを注ぐべきだ」と反発。自民党などに新型コロナの問題に関して憲法改正による緊急事態条項の創設を求める意見があることを念頭に「国民が政治的な立場の違いを越えて連帯しなくては乗り切れない時に意見が大きく分かれる問題で分断を持ち込むことは百害あって一理ない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細