大リーグ通信

引退1年、なぜ今イチロー さまざまな特集

自宅近くの公園で、笑顔でポーズをとるマリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさん=ピオリア(共同)
自宅近くの公園で、笑顔でポーズをとるマリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさん=ピオリア(共同)

マリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさん(46)が、2019年3月20日に現役を引退して1年がたった。メジャー実働19年で3089安打、04年にはシーズン最多の262安打を放ったインパクトは強烈で、今でも多くのファンの心に残る。開幕の日が見えない中で、イチローさんの名前が改めて輝きを増している。

大リーグの公式ホームページ(HP)は、「われわれが目にした美しいスイング10選」を特集。「野球で見られる最も美しく、素晴らしいものの1つは、スイングだ」と、メジャー史上ケン・グリフィー・ジュニア氏(マリナーズなど)やテッド・ウィリアムズ氏(レッドソックス)らに続いて、5番目にイチローさんを挙げた。

選出の理由には、「まさに芸術といえるスイングで、相手投手を恐怖に陥れた。少年の頃から磨き抜かれたルネサンスの巨匠だ」と最大限の賛辞で説明。さらに、「長打全盛の時代に逆行するかのように、勝負球をヒットにするたぐいまれなる能力でバットを振り回した」と表現した。

イチローさんの打撃に関しては、スポーツ専門局ESPNも19年前のメジャーデビューの日、4月2日付で特集を組んだ。ベテラン記者がまとめた。

メジャーでも安打を量産するに至った背景を改めてエピソードとして紹介。「多くのワンバウンドしたボールを打ち、反対方向に飛ばしていた」「バットにも注意を払っていた。決して地面にほうり投げることはなく、ケースに無理やり入れることもなかった。しかるべき場所に丁寧にしまった」