自公幹部、議員歳費削減で一致 - 産経ニュース

メインコンテンツ

自公幹部、議員歳費削減で一致

自民党の二階幹事長
自民党の二階幹事長

 自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は14日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本経済に深刻な影響が広がっていることなどを考慮し、衆参両院の国会議員歳費を5月から1年間、2割削減する方針で一致した。

 同席した自民党の森山裕国対委員長は「野党の理解もいただき、一日も早く歳費2割削減の実現をしたい」と記者団に述べた。

 公明党の山口那津男代表は同日の記者会見で「新型コロナが収束に向かうまで、国会議員が国民に共感を示す姿勢を表すため、国会議員の歳費を2割削減すべきだ」と訴えた。