NGT48民事裁判が和解 真実解明 早期再開は… 新潟

和解成立後、取材に応じるAKS(現ヴァーナロッサム)側代理人の遠藤和宏弁護士=8日、新潟地裁(池田証志撮影)
和解成立後、取材に応じるAKS(現ヴァーナロッサム)側代理人の遠藤和宏弁護士=8日、新潟地裁(池田証志撮影)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)への暴行問題をめぐり、NGTを運営していたAKS(東京、現ヴァーナロッサム)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判は新潟地裁で和解が成立した。男性2人が他のメンバーの関与を否定したことで、AKSは訴訟の真の目的だった「真実の解明」で一定の成果を得た格好だ。ファンの間では山口さん不在の法廷に不満の声もある一方、早期の本格的な活動を望む声が根強くある。(池田証志)

「潔白が証明された」

 「他のメンバーの身の潔白が証明された。被告らからも謝罪してもらい、真実に向けて前進できたと思っている」。和解が成立した8日、AKSの代理人弁護士を務める遠藤和宏氏は裁判をこう振り返った。

 山口さんがSNS(会員制交流サイト)で自身が暴行被害にあったことを告発したのは昨年1月。暴行問題に他のメンバーが関与していたと示唆したことから、この点がファンらの最大の関心事となった。

 山口さんは、男性2人のうちの1人が逮捕間際にメンバーの名前を口にしたことを根拠にしていたが、2人は裁判で「事件に関与したメンバーの名前を挙げたものではない」と主張した。

山口さん出廷せず

 AKSが設置した第三者委員会の調査に応じなかった男性2人から陳述書を得られたのは「前進」だが、和解条項に記載されているのはあくまでも原告と被告が合意した内容だ。裁判所が「真実」として認定したものではない。裁判所が認定したのは両者が合意したという事実だ。

 不祥事対応に詳しい小林英明弁護士は「実体的真実を認定する刑事裁判と違い、民事裁判で裁判所は原告と被告が出した証拠をもとに判断するので、規範力(効力)は当事者にしかない」と指摘。その上で「原告と被告で双方が利益を得るために訴訟を起こすことがあるため、利害関係のある第三者が参加する『訴訟参加』という制度がある」と説明する。