【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】手本はパの前後期制、Vシナリオを書き換えろ(1/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

手本はパの前後期制、Vシナリオを書き換えろ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】手本はパの前後期制、Vシナリオを書き換えろ
【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】手本はパの前後期制、Vシナリオを書き換えろ
その他の写真を見る (1/2枚)

 矢野阪神は大混乱の状況下、60勝戦略を練り上げなければなりません。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7日には安倍晋三首相が7都府県を対象に緊急事態宣言を発令。12球団中8球団の本拠地があることから、球界も自粛ムードに覆われています。3月20日だったシーズン開幕日は3日に行われた12球団代表者会議で「4月下旬から5月上旬にかけて開幕日を定める」と発表されましたが、舞台裏では「交流戦明けのシーズン再開日だった6月19日開幕」を見定めています。そして、試合数も交流戦の中止などで100試合前後となるでしょう。超異例の短期決戦を制するには何が大事か-。阪神は新たなVシナリオを描く必要がありますね。

水面下で先を見据え

 誰もが今までに経験したことのない世界が目の前で起きています。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて7日には安倍首相が7都府県を対象に緊急事態宣言を発令。12球団中8球団の本拠地があることから球界も自粛ムードに覆われています。特に阪神は藤浪、伊藤隼、長坂の3選手が球界で初めて新型コロナウイルスに感染したこともあって、チーム全体の動きを休止したままです。週明けには何らかの動きが出てくるでしょうが、自宅待機でグラウンドに出られない選手たちの気持ちは焦りや諦めなど複雑なものではないでしょうか。

 まさに大混乱の状況ですが、球界は先を見据えて水面下では動いています。3日には12球団代表者会議が開催され、「3月20日」だった開幕日は「4月下旬か5月上旬に定める」と井原事務局長が発表しました。「緊急事態宣言が発令されても予定に変更はない」とも語っていましたね。これは開幕日の決定プロセスに変更がない-という意味であって、実際のところ開幕日は大幅にズレ込みそうですね。