「坂上どうぶつ王国」池の水 ロンブー淳&ココリコ田中がぜんぶ抜く

坂上忍(中央)とサンドウィッチマン(右側)、田村淳(左から2人目)と田中直樹という局を越えたSPコラボ (C)フジテレビ
坂上忍(中央)とサンドウィッチマン(右側)、田村淳(左から2人目)と田中直樹という局を越えたSPコラボ (C)フジテレビ

 フジテレビ系の動物バラエティー「坂上どうぶつ王国」(金曜後7・0)で以前、MCの坂上忍(52)が自腹で購入した「どうぶつ王国」の建設予定地。そこに広がる巨大な池の水を田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、田中直樹(ココリコ)ら出演のテレビ東京系「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」チームが抜いてしまうという局の垣根を越えた異例のSPコラボロケがこのほど実現した。

 購入した土地は、千葉県内にある敷地面積4500坪、東京ドーム3分の1の大きさ。今月6日の放送で調査した結果、水がかなり汚れているためこのままでは生物がすめなくなってしまうことが判明。水質を改善するためには池の水をいったん抜く必要があると専門家から指摘されていた。

 困った坂上が頼ったのが、親交のある「池の水-」のテレ東・伊藤隆行プロデューサーだった。直接依頼し、今回のロケが敢行された。3月下旬の収録は、季節外れの雪が降り積もった厳しい寒さの日。直前まで雨も降り続き、極寒のなかで行われた。

 ロケを終えた坂上は「こんなにきつい仕事はない…」とぐったり。一方の淳は「今日は本当にひどい現場でしたね」と笑いながらも「楽しかった」と疲れをまったく見せない。そんな淳に、坂上は「淳君と田中君は僕たちから見たらプロ。僕も体力的にはいけると思っていたが、体力だけでは無理だった」と、これまで多くの池の水を抜き続けてきた百戦錬磨の2人に脱帽し、感謝した。この模様は、近日放送予定。

 片平なぎさがSPレギュラー、サンドウィッチマン、くっきー!(野性爆弾)、高橋海人(King&Prince)、堀田真由がレギュラー出演している。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細