孫氏、月3億枚のマスク供給表明 利益上乗せせず - 産経ニュース

メインコンテンツ

孫氏、月3億枚のマスク供給表明 利益上乗せせず

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区(三尾郁恵撮影)
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区(三尾郁恵撮影)

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は11日、自身のツイッターで、5月から月3億枚のマスクを供給する意向を示した。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、全国的なマスク不足の解決に協力する。同社は利益を上乗せせず、仕入れ値で販売する方針。

 孫氏は中国の大手メーカーBYDと提携し、専用の製造ラインを設立したと説明。その上で「政府と連携を図り、医療現場をはじめ1人でも多くの人々に供給する」とつづった。医療用の「N95マスク」を月1億枚、一般のサージカルマスクを月2億枚、それぞれ生産するという。

 孫氏はコロナ対策に関して積極的な投稿を続けていた。先月には感染の有無を調べる検査の機会を100万人に無償提供するとツイッターに書き込んだが、医療現場が混乱するとの反対意見が寄せられ、代わりに「マスク100万枚寄付します」と宣言した。