神奈川の感染者18人に 横浜では9人

 神奈川県で7日、医師や県警の非常勤職員ら男女計18人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。

 川崎市は30代の男性医師と50代の男性会社員の計2人が感染したと発表。医師は川崎市立多摩病院に3月31日まで勤務し、4月1日付で聖マリアンナ医科大病院に転勤した。会社員は重症。

 神奈川県警によると、職員は藤沢市に住み、大和署交通課に勤務する50代女性。3日まで勤務したが発熱し、検査で6日に陽性と判明した。県警は同僚ら計5人を自宅待機とした。

 藤沢市はこの職員を含む男女計2人の感染を発表。別の1人は30代の契約社員の男性。

 県は20代女性、30代と50代の男性の感染を発表した。横須賀市も50代男性と40代女性の陽性判明を明らかにした。

 横浜市でも30~90代の男女9人の感染が分かった。

会員限定記事会員サービス詳細