首相記者会見全文(11)「若者も東京にとどまっていただきたい」

 「今現在の段階では、われわれはそういう状況にもちろんなっておりませんし、先ほど医療提供態勢がだんだん逼迫してきているということを申し上げましたが、今の段階では、軽症者あるいは無症状の方も病院で収容されておりますが、先ほど申し上げましたように、ホテルチェーンの皆さん、これ、関東圏で1万室あるわけでありますから、そちらに軽症者の皆さんにまず移っていただければ、重症者の皆さんの病床も相当程度、これは空きが出てまいりますから、そういう態勢をしっかりと整えていきたい。また重症化しやすい、高齢者の皆さんへのですね、感染をできる限り抑える対策にも力を入れていきたいと、こう思っています」

 「そしてネットについては、例えば災害のときもそうなんですが、ネットで取る情報というのはすごい早い場合があります。むしろ、現場、政府や都道府県の現場から上がってくるよりも、リアルタイムでですね、どうなっているっていう情報を写真とともに上がってくる場合もありますから、安倍晋三政権になってからですね、それを活用するというシステムも作りました。災害においてはですね。今回もですね、医療現場、あるいは地域やわれわれの手の届かないところの情報を、しっかりと集めるようにしています。われわれもネットから出てくる情報をしっかりとつかみながら対応していきたいと思っています」

(12)に続く

会員限定記事会員サービス詳細