【ヒューリック杯棋聖戦決勝T】山崎八段がベスト4進出、次戦は永瀬二冠 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ヒューリック杯棋聖戦決勝T

山崎八段がベスト4進出、次戦は永瀬二冠

第91期ヒューリック杯棋聖戦準々決勝で三浦弘行九段を破り、ベスト4進出を決めた山崎隆之八段=6日、東京・千駄ケ谷の将棋会館
第91期ヒューリック杯棋聖戦準々決勝で三浦弘行九段を破り、ベスト4進出を決めた山崎隆之八段=6日、東京・千駄ケ谷の将棋会館

 将棋の渡辺明棋聖(35)への挑戦権を争う第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント準々決勝、三浦弘行九段(46)対山崎隆之八段(39)戦が6日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、山崎八段が85手で勝ち、ベスト4進出を決めた。山崎八段は準決勝で、永瀬拓矢二冠(27)=叡王・王座=と対戦する。

 山崎八段は広島市出身。森信雄七段門下で平成10年、四段プロデビュー。タイトル戦登場は1回で、棋戦優勝は8回。通算成績は620勝349敗(勝率6割4分)、今年度は本局が初対局。今期の棋聖戦は2次予選から出場し、決勝トーナメント1回戦で久保利明九段(44)に勝った。

 三浦九段は群馬県出身。西村一義九段門下で4年、四段昇段。タイトル戦登場は5回で、獲得は棋聖1期。棋戦優勝は3回。通算成績は628勝452敗(同5割8分1厘)で、本局が今年度の初対局。今期の棋聖戦は2次予選から出場し、決勝トーナメント1回戦で広瀬章人八段(33)を破った。

 両者の過去の対戦成績は対戦成績は山崎八段が7勝、三浦九段が4勝。

 本局は振り駒の結果、先手は山崎八段。午前10時に対局が始まり、相掛かりで進んだ。午後に入り、徐々に形勢を良くした山崎八段が、そのまま後手玉を追い詰め、午後5時6分、三浦九段が投了した。

 持ち時間各4時間。残り時間は山崎八段1時間42分、三浦九段37分。