米メディアがイチロー特集 デビューからちょうど19年

 2001年4月2日、アスレチックス戦で大リーグの初打席に立つマリナーズのイチロー=セーフコ・フィールド(共同)
 2001年4月2日、アスレチックス戦で大リーグの初打席に立つマリナーズのイチロー=セーフコ・フィールド(共同)

米大リーグ、マリナーズで球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさんが日本人野手として初めてメジャー出場してからちょうど19年たった2日、米メディアなどが特集を組んだ。

イチローさんはプロ野球オリックスからポスティングシステムでマリナーズ入り。2001年のこの日に行われた本拠地シアトルでのアスレチックス戦で5打数2安打と活躍した。

スポーツ専門局ESPN(電子版)はバウンドする球を打つ練習をしていたことや、バットを大切に扱っていたことなどのエピソードを紹介。大リーグ公式サイトは「今日のクイズ」としてイチローさんと同じ日にデビューし、ともに新人王に輝いたエンゼルスの内野手プホルス(当時カージナルス)と関連した10個の問題を出した。(共同)