人工心肺装置、増産支援 政府、緊急経済対策で

人工心肺装置、増産支援 政府、緊急経済対策で
人工心肺装置、増産支援 政府、緊急経済対策で
その他の写真を見る (1/2枚)

  西村康稔経済再生担当相は2日、来週取りまとめる新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策に、重症患者の治療に必要な人工呼吸器や人工心肺装置「ECMO(エクモ)」の増産支援や医療機関への導入支援などを盛り込むとの考えを明らかにした。

 西村氏は同日、エクモの普及や活用を支援するネットワークの竹田晋浩医師と面談。終了後、記者団に対し「すでに予備費を使って人工呼吸器やエクモの医療機関への導入補助をしているが、今後さらに必要となる事態も想定しながら対策の中で考えていきたい」と述べた。経済産業省など関係省庁との調整を急ぐ。

 西村氏は「まずは重症患者を減らすことが大事だが、重症になっても一人でも多くの命を守るとの思いで、全力で医療体制の整備に取り組む」と語った。

 また西村氏は、エクモを取り扱う人材の確保も急務として、研修プログラムの在り方など人材育成の支援についても対策に盛り込む方向で検討するとした。