AYA世代の日々 がんとともに生きる

(11)「誰かに力を与えられる」 フォトグラファー・木口マリさん

【AYA世代の日々 がんとともに生きる】(11)「誰かに力を与えられる」 フォトグラファー・木口マリさん
【AYA世代の日々 がんとともに生きる】(11)「誰かに力を与えられる」 フォトグラファー・木口マリさん
その他の写真を見る (1/4枚)

 15~39歳頃までの思春期と若年成人(Adolescent and YoungAdult)を指すAYA世代。この世代のがん患者には進学、就職、結婚など中高年とは違った課題が存在する。38歳で子宮頸(けい)がんと診断されたフォトグラファーの木口マリさん(45)は1年で4度の手術を経験。「命の限りを意識したことで、豊かな人生を送れるようになった」と語る。(油原聡子、写真も)

 子宮頸がんだと分かったのは平成25年5月でした。その年の1月ごろから、不正出血が気になって婦人科のクリニックに通っていました。子宮頸がんの検査を受けても結果は正常。ただ、先生も気になるところがあったようで通院を続け、精密検査を受けたんです。1週間後くらいに看護師さんから「すぐに来院してください」と連絡がありました。「悪い結果だろうな」。携帯電話を握りしめたまま、15分くらい固まって動けませんでした。

 病院に行くと、女性医師から「がんです」と告げられました。母が肺がんを経験していたこともあり、「亡くなってしまう人もいるけれど、治る病気でもある」と冷静に話を聞くことができました。

会員限定記事会員サービス詳細