緯度経度

行政長官とワニの涙 藤本欣也

香港の行政長官が泣いた。官僚から政府トップに上りつめた林鄭月娥(りんてい・げつが)氏(62)が涙ぐむのを見たのはしかし、1度や2度ではない。3度目である。

最初は、主催者発表で100万人規模の反林鄭デモが起きた昨年6月。メディアのインタビューに「私だって、愛する香港のために犠牲を払ってきた」と彼女は声を詰まらせながら答えた。

2度目は昨年7月。香港返還記念日の式典で中国国歌を感極まりながら歌った。そして3度目が今月23日の記者会見だ。

「医療関係者は懸命に頑張っているのに…少数の人が強制隔離の決まりを破り、市中に出て感染を広げてしまったら…」

マスクのすぐ上の瞳に涙をためて話した林鄭氏。その写真記事に、民主派寄りの香港紙、蘋果日報が付けた見出しは「ワニの涙」だった。ワニは獲物を食べるとき、まるで獲物の死を哀れむかのように涙を流すとされる。つまり「偽りの涙」のことだ。

ただ、香港でも新型コロナウイルスの感染者が急増中である。林鄭氏にのしかかるプレッシャーは相当なものだろう。孤軍奮闘する医療関係者の姿と自分をだぶらせたか。

「だめだめ、涙にだまされちゃいけない!」

目を覚ませとばかりに、香港人の友人が私に言い聞かせるのは、林鄭氏が涙の裏で「民主派勢力の弾圧を強めている」ということだ。

26日には、香港島・中西区の区議会議長を務める民主党議員が、扇動を意図した疑いで逮捕された。デモ鎮圧の際に暴力を働いたとみられる警官の個人情報を、フェイスブックに転載したことなどが問題視された。

政府や警察を激しく批判する民主派勢力は昨年11月、区議会選挙で圧勝した。が、今年に入って逮捕された民主派区議は15人に上る。

その中に、知人がいた。九竜半島・深水埗(しんすいほ)区の●錦豪(しょう・きんごう)区議(30)。以前は、売れない俳優だった。