日本行き小型機が炎上、8人死亡 フィリピン・マニラ

29日、フィリピンのマニラ国際空港で炎上した小型機からとみられる炎(Jhun Gil Aguhob提供、ロイター)
29日、フィリピンのマニラ国際空港で炎上した小型機からとみられる炎(Jhun Gil Aguhob提供、ロイター)

 【シンガポール=森浩】フィリピン・マニラのニノイ・アキノ空港で29日午後8時(日本時間午後9時)ごろ、羽田空港行きの小型機が滑走路上で炎上した。警察当局によると、乗っていた8人全員が死亡した。地元メディアは、国籍はフィリピン人6人、カナダ人1人、米国人1人と伝えている。

 機体は格安航空会社(LCC)のチャーター機で、乗っていたのはパイロットのほか、医師や看護師、患者らだった。警察当局によると、小型機は離陸に失敗したとみられる。滑走路は封鎖されており、当局が事故原因を調べている。

 フィリピンでは新型コロナウイルスの感染拡大のため、北部ルソン島に外出制限が出ており、空港の定期便の運航も大幅に制限されている。