ひなちゃんパパの家族レシピ

春キャベツとサクラエビの卵お焼き

卵お焼き
卵お焼き

今年はにぎやかにお花見をする代わりに、いろいろな和菓子店の桜餅を食べ比べて楽しみました。

「魚介類にもサクラダイやサクラマスなど、桜にちなんだものがいろいろあるわ。中でもサクラエビは、有名な産地の静岡県の駿河湾で、もうすぐ春漁が始まる予定よ」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生がこう教えてくれました。

富士山を背景に一面ピンク色に染まった、天日に干す光景を以前、写真で見たことがあります。

「サクラエビと相性がいい春キャベツと卵を使って、変わり種のお焼きを作ってみましょうか?」と、江上先生が勧めてくれました。身近な材料ばかりなので、思い立ったらすぐに作れますね。

割りほぐした卵に小麦粉を加えてサクラエビ、キャベツの千切りを投入し、軽く塩、コショウで味付けします。この生地をスプーンですくって、フライパンに食べやすい大きさに丸く落とし入れます。焦げないように気を付けながら、両面をこんがりと焼き上げれば完成。酢、しょうゆ、すりゴマなどを混ぜてたれを作り、熱いうちにいただきます。

卵のフワッ、キャベツのシャキッ、サクラエビのサクッ…。異なる食感が重なり合って、ハーモニーを奏でます。

「サクラエビの香ばしい風味が、アクセントに利いておいしいわ!」とママ。ひなちゃんは、たれからトマトケチャップに味変えして、2度楽しみました。

冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにぴったりです。

≪材料・3人分≫

春キャベツ…………………100グラム

サクラエビ………………大さじ2

卵………………………………3個

すりゴマ(白)…………小さじ1

小麦粉、酢、しょうゆ、砂糖、塩、コショウ、ゴマ油

《作り方》

〔1〕春キャベツは千切りにする。

〔2〕ボウルに卵を割りほぐして小麦粉大さじ1を混ぜる。サクラエビ、(1)を加え、さらに塩、コショウ各少量を加え混ぜる。

〔3〕フライパンにゴマ油大さじ1~2を熱して(2)をスプーンですくって直径5センチくらいの円形に落とす。両面こんがりと焼く。

〔4〕酢大さじ1、しょうゆ小さじ2、砂糖小さじ1/2、すりゴマを混ぜる。

〔5〕器に(3)を盛り、(4)のたれを添える。