JFAハウスの消毒開始 田嶋会長の感染受け

 日本サッカー協会は20日、田嶋幸三会長が新型コロナウイルスに感染したことを受け、日本協会が入る東京都文京区のJFAハウス内の消毒作業を始めたと発表した。消毒は最長で23日まで行われ、作業完了までは役職員の出勤を禁止し、少なくとも27日までは在宅勤務を継続するという。

 田嶋会長は17日に感染が判明した。日本協会によると、現時点で発熱や風邪の症状が出た新たな職員はいない。

会員限定記事会員サービス詳細