太陽の塔「世界遺産への第一歩」「未来輝かせて」

万博記念公園の太陽の塔=大阪府吹田市(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)
万博記念公園の太陽の塔=大阪府吹田市(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)

 今月で開幕から50年を迎えた1970(昭和45)年大阪万博のシンボル的存在で、今も日本万国博覧会記念公園(大阪府吹田市)に立つ「太陽の塔」が19日、国の文化審議会で、国登録有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学相に答申され、関係者は「半世紀、地元で愛されてきた証し」と喜んだ。登録に必要な要件の「築50年以上」を満たしてすぐの答申は珍しいといい、専門家らからは「世界遺産登録への流れができた」との声もあがった。

■撤去に反対運動

 芸術家、岡本太郎がデザインした太陽の塔は高さ約70メートル。万博のテーマ館の大屋根を貫くように設置され、「人間の尊厳と無限の進歩、発展」を表現している。内部には生命の進化過程を表した高さ約41メートルのオブジェ「生命の樹」があり、万博後は原則非公開だったが、府が平成28年10月から総工費約18億円をかけて改修。30年3月から再び一般公開されている。

 「50年を経て改めて価値が認められ感激した」と語るのは、小学生のころに万博会場に10回以上足を運んだという大阪市住之江区の会社員、藤井秀雄さん(61)。「太陽の塔はアイドルのような存在だった」と振り返る。

会員限定記事会員サービス詳細