新型コロナ「クラスター」全国15カ所で発生 厚労省公表

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」が北海道、愛知県、大阪府など10都道府県の15カ所で発生したと明らかにした。ホームページで15日正午時点の発生状況を示した全国地図を公表した。

 地図は東北大の押谷仁教授(ウイルス学)ら専門家の分析に基づいて作製した。感染者数が50人以上、10人以上、5人以上のクラスターごとに色分けして表示している。

 50人以上のクラスターが出たのはライブハウスを通じて感染が広がった大阪府1カ所。10人以上はライブバーなどを介して拡大した北海道、屋形船での新年会がきっかけとなった東京都、福祉施設を介した愛知県など10カ所。5人以上はスポーツジムや福祉施設が舞台となった千葉県など4カ所。

 厚労省はクラスターの発生が確認された地域に「クラスター対策班」の専門家を派遣するなどして対応に当たっている。

エボラ治療薬、新型コロナの国内患者に投与 一定の効果か

会員限定記事会員サービス詳細