北京、指定施設で一律隔離 入国者の自宅待機認めず

 北京市政府は15日の記者会見で、16日午前0時以降、海外から北京へ入った人は原則として一律に指定施設へ送り、14日間隔離すると明らかにした。これまでは自宅隔離も認めていたが、入国者の感染例が増えていることから管理を一層強化する。中国メディアが伝えた。

 特殊な事情があり、厳しい審査を経て当局が認めた場合のみ、自宅での経過観察を認めるとしている。指定施設には医療従事者を配置し、定期的に健康状態をチェックする。経費は自己負担だという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細