ひなちゃんパパの家族レシピ

油そば 手軽に、自分好みで

油そば
油そば

今やカレーと並んで国民食といわれるようになったラーメン。人気店には相変わらず行列ができています。最近、メニューの中で気になるのが汁なしの「油そば」です。しょうゆだれと油を混ぜた中に麺を絡めて食べるスタイルで、特に男性のファンが目立ちます。

「おうちでも手軽に楽しめるのよ。調味料を加減したり、トッピングを変えたりして、自分好みの味を探してみては?」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生。

実際に作ってみると、スープがいらないのは、さまざまな利点がありました。

しょうゆや鶏がらスープ、ラー油などを混ぜたたれに、ゆでたての熱々の麺をよ~く絡めました。小さな子供が食べる場合、ラー油はゴマ油に替えてもOK。モヤシやチャーシューなどをトッピングして、あっという間に出来上がっちゃいました。

「自由にトッピングを変えて楽しんでみてね」という江上先生におすすめを聞くと、次から次へといろいろな具材が…。温泉卵をはじめ、常備菜の肉そぼろや刻んだパクチー、それから焼きのりやカツオ節といった和の食材も合うとか。

全体を混ぜてからスルスルッと食べると、「コクがあって、ピリッと辛味も効いておいしいわ。スープがないから花粉症でつらい人でも食べやすそう」とママ。スープがいらないと料理初心者でも失敗なく作れるね。ママはこんなアイデアが浮かびました。「麺を電子レンジでチンできる冷凍うどんに替えて『油うどん』にするのもありかも」。味付けやトッピングで遊べば、味のバリエーションは無限に広がります。

■材料・3人分

中華麺(生)…3玉

モヤシ…1/2袋

長ネギ…1/2本

チャーシュー(薄切り)…3枚

鶏がらスープのもと、しょうゆ、酢、ラー油

■作り方

〔1〕モヤシはひげ根を取り除き、さっとゆでてざるに上げる。チャーシューは食べやすい大きさに切る。長ネギは薄切りにする。

〔2〕しょうゆ大さじ●(=2 1/2)、ラー油、熱湯各大さじ3、鶏がらスープのもと小さじ1/2、酢小さじ1を混ぜる。3個の器に等分して入れる。

〔3〕たっぷりの熱湯で中華麺をゆで、水気を切る。熱いうちに(2)の器に入れ、よく絡めて(1)をトッピングする。よく混ぜてからいただく。